あの世の公務員だったリリーのお話

ようこそSIVA(シヴァ)へ

ここは不思議なママが営むバー

人生に迷ったり、答えを求めるお客が夜な夜な訪れます。

 

あの世の公務員とは?

客たちの悩みにママはどうこたえるのでしょう?

 

あなたもゆっくり過ごしていってください。

 

☆ここでの話は、フィクション?のようですが、

全てママの記憶と体験に基づいています。

(プライバシーに配慮して名前は変えてあります。)

SIVA(シヴァ)のママ=リリー

あの世の記憶をもち、見えない存在が見える。

夜になると、昼間以上にいろいろな存在の声が聞こえるため眠れず

人と過ごしていたほうがいいと夜の世界へ。

バーを経営するようになった。

「SIVA」には、答えを求める人たちが夜な夜な訪れる。

ママであるリリーにヒントをもらいたいのだ。

Posted by lulu