第10話ーラップ現象

今夜は、いつもと雰囲気が違う【Bar  Siva】になりそうだと、ボーイのサトシは感じていた。

というのも、今夜の最初のお客様がママの同級生だからだ。

定刻の5分前に店のドアが開いた。

「いらっしゃいませ〜」

サトシは、そう言うと看板の電気をつけに厨房へ行った。

入って来た男性は、真っ正面に立つリリーの前のカウンター席に座りながら言った。

「久しぶりだな。相変わらずで何より」

リリーは緩んだ笑みで

「元気そうで何よりね。何呑む?」

と同級生のその男性へ言った。

その男性、鍋島は

「お前何呑む?」

と聞き返して来た。

リリーは

「私は、ビールいただくわ」

と満面の笑みで答えた。

鍋島は、サトシへ向かって

「ビール2つ!」

大きい声で注文した。

リリーは

「鍋島、別に何か占いとかアドバイスが欲しいとか、そんな話じゃなさそうだけど、

単に同級生に会いに来たってこと?」

いきなり聞いた。

鍋島は鞄からタバコを出して火をつけた後に答えた。

「ま、そんなところかな?

お前の評判は聞いてるけど、子供の頃から知ってる俺としては半信半疑でもあるしな。

どんなもんかと思って予約入れてみたんだよ」

リリーもタバコに火をつけて

「気持ち悪い話よね〜。同級生が占い師って…笑えるよね〜。

あの頃って、何の気なしに視えてる話をしてしまって、

気持ち悪がられて無視されたり、いじめられたりしてたなぁ〜。

今となっては懐かしいと言えば懐かしいけどね」

ニヤッとしながら言った。

「そうだけど、思い出した事があって、

それも直接聞こうと思ったのもあるんだよね」

鍋島は鞄からメモを取り出した。

「何それ?万全なスタイルね」

リリーは笑いながら言った。

「すぐ忘れるタチなんだよね〜。メモするのは癖だな」

鍋島はメモをめくりながら答えた。

そこへボーイのサトシがビールを2つ持ってきた。

グラスを受け取ったリリーと鍋島は、お互いの顔を見た。

リリーが、すかさず言う。

「同級生にカンパーイ」

2人はグラスを軽く当ててビールを呑んだ。

リリーが切り出す。

「で、そのメモには何が書かれてるのかしら?」

鍋島はメモを再度確認してから答えた。

「中学の時に、お前が白井を助けた話って噂で聞いたんだけど、それって、どんな話?」

「白井の話?…それってラップ現象の件かしら?」

リリーは記憶を辿りながらきいた。

「多分その話だと思うけど、

お前が白井の家にも行った事ないのに色んなことを言い当てたって騒ぎになってたぞ」

鍋島が茶化す様に答えた。

リリーは悪戯な笑みを浮かべて言った。

「色んなことって何よ!話が大袈裟になってそうな噂よね〜」

「実際の話、聞かせてくれないか?」

鍋島が急に真顔になった。

リリーは鍋島の様子を見て真面目に話し出した。

「そうね。あれは中学3年の時だったと思うけど、白井に急に相談されたのがきっかけだったわ」

リリーは当時を振り返った。

白井は、リリーが座ってる前の席に腰掛けて、唐突に言った。

「リリーは視えるって本当?」

リリーは表情も変えずに答えた。

「何で急に、そんなこと聞くの?」

白井が言いにくそうに口を開いた。

「実は、私…

最近、毎晩、ラップ現象?

そう言うのかな? 予想も出来ない物音が部屋でおきてて…

怖くて…怖くて…、でも親には信じてもらえなくて、

本当にどうしたら良いか分からなくて…」

白井は涙目になった。

「どんな感じで音が鳴るの?」

リリーが質問した。

「パキンッて音が、大体夜の11時から鳴り始めるの。

寝ようと思うと余計に音が激しくなって、

寝させてもらえない状態になるの。

両親に相談しても信じてもらえなくて毎日眠れなくて…」

白井の声は震えている。

リリーは、白井をじっと見つめた後に

「手を握ってもいい?」

ときいた。

白井は涙をこらえながら頷いた。

リリーは白井の手を握ると、ゆっくり目を閉じた。

リリーが閉じた瞳の先に道が開いてみえる。

その先に、白井の家へ繋がる道。

そこを通って白井の家の前へ到着した。

目の前の玄関のドアをあけて中に入って、すぐ右のドアを見た。

そこが白井の部屋だ!

そのドアを開けて白井の部屋に1歩踏み込んだ、その真上に…人が…人がいる!

男性…

悪意というか嫉妬?

寂しい感情がうごめいている。

リリーは、そこへ意識を集中した。

そして、全てが分かった・・・

リリーは目の前の白井に意識を戻して口を開いた。

「白井の家… 入って、すぐ右のドアが自分の部屋でしょう?」

白井は目を見開いた。

「なんで?来たことないのに、なんで?」

リリーは左手人差し指を口に当てて

静かにする様に促してすぐ、話を続けた。

部屋に入って、すぐ上の天井に人がへばりついている。

それを伝えると白井は動揺を隠しきれずに大粒の涙をこぼした。

リリーは白井の顔を覗き込んで

「大丈夫?」

と声をかけた。

白井はうつむいたまま小さく頷いた。

「その霊の正体は、あなたのお兄さんよ。

生まれてくるはずだったの。本当は。

でも、生まれることなかったの。

その理由は、おそらく金銭的なことね。

お父さんとお母さんは、その時、若かったから、お兄さんを産むのを断念したのよ。

愛してないわけじゃないの。

ただ、生まれることが出来なかったのに、あなたはこの世に生を受けた。

れが、うらやましくもあり、妬ましくもあったのよ…

供養もされてないみたいだしね…」

リリーは淡々と説明した。

「でも、私、そんな話聞いたことない…」

白井が言う。

「お母さんも、わざわざ言いたくないんだと思うよ。

でも、それを話して、供養してあげると今のラップ現象は無くなるわ」

リリーは優しく話した。

白井が泣きながら

「帰ってお母さんと話してみる。ありがとう。」

そう言って何度も会釈しながら教室を後にした。

ーーーーーーーーーーーーー

話を聞いていた鍋島が

「その後どうなったんだ?」

タバコを片手に聞いた。

リリーはタバコの煙を吐き出した後に答えた。

「白井、家に帰ってから、すぐにお母さんにお兄さんの存在を話しても

笑って信じてくれなかったらしいの。

そこで白井は辛くなって泣いたみたいよ。

そしたら、お母さんが真剣に話を聞いてくれて、

生まれなかったお兄さんの存在も認めて、後日、水子供養のお寺に家族みんなで行ったらしいわ。

その時、そこのお坊さんも視える人だったらしくて、

私と同じ様に白井の部屋に入って、すぐ上に男性の霊が貼りついているって言われたらしいわー。

白井、驚いて声も出なかったって後で教えてくれたわ。

その時そこで、お兄さんの供養もして、それから、ラップ現象も全くなくなったって言ってたよ〜。

って…懐かしい話だね〜」

リリーも遠い昔を思い出しながら懐かしい気持ちになった。

鍋島は、白井の件を聞いて

「そんな話だったんだな〜。俺、全く知らなかったよ。

今度、お前を紹介したい人がいるんだけど、紹介しても良いかな?」

改まって言った。

「何よ〜そんな他人行儀な言い方。

何も気にせずに何でも言ってみて。ダメならダメ、無理なら無理って言えるから私」

リリーは笑い混じりに言った。

その鍋島の話は、また今度。