第20話ー部屋とおコツとお蘭

今宵も【Bar Siva】は開店している。

定刻を10分過ぎている。

ボーイのサトシがリリーに向かって聞いた。

「今日で間違ってないですよね?」

リリーはタバコをのんびりと吸いながら答えた。

「もう来ると思うわよ。15分くらい体内時計がズレてる人だから」

リリーはニンマリ笑った。

そこに慌ただしくドアを開ける音が聴こえて

お蘭が登場した!

「いらっしゃいませ〜」

サトシが安定の爽やかさで言った。

「おヒサ〜。やっと辿り着いたわ。

出掛けにパンプスが折れるというアクシデントがあって、マジ焦ったわ」

お蘭は、ザ・オカマの話し方でクネクネした歩きでカウンターに座った。

お蘭は何も言われてないのに喋る。

「わたしはぁ〜はじめはビールにしようかしら?姉さんもサトシも呑んでよぉ〜」

「ありがとうございます」

サトシが笑顔で答えて厨房へ消えた。

リリーは火のついているタバコを灰皿に置いて

「わざわざありがとね〜。この前は出張鑑定も助かったわ。

相手の人からも、御礼の連絡来たわよ」

言った後に小さくお辞儀をした。

実は先日、リリーへの出張鑑定依頼を

都合が合わなかったので、霊視鑑定出来るお蘭に

行ってもらっていたのだ。

「それは良かったわぁ〜。こちらこそって感じかしら〜」

オカマ感100%で、お蘭が話す。

「鑑定内容、ヘビーだったんじゃない?殺人事件だからね〜」

リリーはタバコの灰を落としながら聞いた。

「ヘビーと言えば、ヘビーよね。何が1番ヘビーかと言うと、納骨してなかったことかしら?」

お蘭は真面目に答えた。

「電話で聞いてたけど、どんな感じだった?」

リリーは心配そうに聞いた。

「そうね〜。現実を理解するのに時間が必要だったのよね。

自分の娘が交際相手に殺されてしまったわけでしょ?自分も息子のように可愛がっていたんだし。

そりゃ〜消化不良になるのが当然よね」

お蘭は怒ると早口になる。

話しながら段々と早口になっていった。

そこへサトシがビールを3つ運んで来た。

各自ビールを受け取ると

「カンパーイ!!」

と言ってグラスを3人の中央で、カツンと音をさせた。

「あーーーー!旨し!今から仕事なのが無ければ、羽目外して呑めるのにねぇ〜」

お蘭は、ビールを1口しか呑んでないのに、このテンションだ。

「今日、お手伝い要員で呼ばれたんでしょ?ある意味、ご指名じゃないの?」

リリーはビールを一気に半分呑んでから言った。

「そうなんだけどね〜。お客様のメンツも知ってる人ばっかりだから楽っちゃ〜楽かな?」

お蘭は両手を口の前で合わせて微笑んだ。

リリーは新しいタバコに火をつけて

「ねぇ〜。あの事件から何年だっけ?」

質問した。

「5年くらいじゃないかしら?」

お蘭が人差し指を顎にあてながら答えた。

「5年も納骨出来てないって、それは、空間がヤバくなるやつよね?」

「それよ!まさにそれよ!家全体が墓と化してたわけよ。

そうなると、いろんなものが寄ってきたりだの、何だのってなるでしょ?

…だから、彼女自身も病んでしまって、家から出れなかったりしてたみたいよ」

「そりゃーそうよね。気持ちの整理なんて、どうつけていいかも分からないと思うわ。

我が娘を殺された上に、その犯人が自殺…

怒りや憎しみを、いったいどこに向けたらいいの?ってなるし、自分が何か出来なかったか?

そう思って自分を責めてしまう…

時が止まったままになるのよね」

リリーはタバコの煙が天井へ昇っていくのを見つめたまま言った。

お蘭もビールグラスの淵を指で、なぞりながら口を開いた。

「本当に彼女の気持ちは分かるって言い難いけど、納骨をしないことや、亡くなった娘さんの事ばかりになると成仏しきれないって、話したわ。

成仏して生まれ変わる準備を進めていても、お母さんが心配で生まれ変わる決心もつかない。

だから、納骨をするように言ったの。それは彼女も感じてくれたと思うの」

「私も気が付いたと思うわ。

やっぱり、事件に巻き込まれてしまった時、人は生きてる時間をストップさせてしまうケースが多いと思うわ。

今回は、お蘭のお陰で時を動かす切っ掛けになったと思うから、本当に良かったわよね」

リリーは、しみじみ言った。

お蘭は右手を胸に当てて

「私もお役に立てて光栄です」

と笑顔で言った。

「今度、立川さん?お母さんは、こっちに来るって言ってたわ。

予約は確定してないけど、ぼちぼち良い方向になってると思うわ〜」

リリーは言った後に微笑んだ。

「良い方向に進んでるなら良かったわ。

彼女、あまりにも色んなものを、まとってたから…」

お蘭は思い出しながら溜息をついた。

「時は動いてるとは思うけど、焦らなくて良いと思うわよ。

だって、急いで歪みがきても辛い話だと思うわ」

リリーは真顔で話す。

「それは確かにそうよね〜。私も賛成だわ。

彼女が辛くてクリニックに通ってたりする事も仕方ないと思うし、

事実を受け止める強さも必要だと思うのよね」

お蘭が真面目なことを言う。

「ま、でも、お蘭に鑑定に行ってもらったことが切っ掛けで、立川さんのこれからの人生が変わることを願うわ。ありがとう」

リリーは頭を下げた。

「姉さん、いいのよ。私に出来ることだから。これも何かの御縁ね〜」

お蘭はオカマ感、満載で答えて続けた。

「では、今夜は呑んじゃいますかぁ?」

「って言いながら毎晩の出来事ですけどぉ〜」

リリーが笑う。

「サトシ、おかわり持ってきてぇー。全部よぉ〜」

お蘭のテンションはウナギ登りだ!

「かしこまりました!」

サトシの爽やかな安定感に癒される。

「ねぇ。今度、響も呼んで3人でイベントでも企画してみない?」

リリーが提案した。

「いいわねぇ〜」

お蘭がナヨナヨしながら賛成する。

「では、とりあえず、乾杯ってことでぇー」

サトシが厨房から叫んだ。

今宵は大騒ぎになりそうだ。

・・・

後日、立川から連絡が来た。

無事、納骨をして、気持ち的に前に向かう決心をしたと…

そして、次にリリーが立川に逢った時に

止まっていた時計が確実に進んでるのを確認した・・・