第23話ー父の葬儀

今日は特別な日だ。

 

【Bar Siva】オーナーママのリリーは喪服を着て出勤している。

ボーイのサトシは心得ているから何も聞かない。

 

今日は、リリーの父親の命日だ。

リリーは、毎年この日だけは喪服で出勤する。

そして、リリーは父親が亡くなった当日に想いを馳せた…

 

あれは、そう…


危篤の時に電話があった。

リリーのすぐ上の姉からだ。

 

「危篤って連絡が来たから病院に行ってくるね。いろんな準備してて」

その電話は、とても慌てていて、そして業務的だった。

 

リリーは電話を切った後

娘たちに事情を説明して、荷作りをさせていた。

 

そして、再び、すぐ上の姉から電話があった。

「私も間に合わなかったわ…明日、ゆっくりおいで」

 

リリーは父親の死を予感していた。

 

最後に会った時に、

生きてる父親を見るのは、これが最後だなぁ…と思って

見送りの手を振っていた自分を思い出す。

 

だからと言って、特別何もしていない。

 

これが運命だと受け入れてるからだ。

 

次の日、長女の学校に連絡をして事情を伝えた後、新幹線に飛び乗った。

 

末娘が静かに新幹線を過ごせるか心配しながら時は過ぎて目的地に到着した。

 

すぐ上の姉の旦那様が迎えに来てくれていて、

安心して葬儀場に連れて行ってもらう間に、リリーは口を開いた。

 

「申し訳ないんですが、どこか、タバコを買える場所ってありますか?」

 

義理の兄が優しく答えてくれた。

「大きめのスーパーに寄りますので、そこで大丈夫ですか?」

 

「ありがとうございます。充分です。よろしくお願いします」

リリーは礼を言いながら遠くを見つめた。

 

大型スーパーに到着して、皆んなで買い出しに出た。

 

リリーは父親が生前吸っていたタバコの銘柄を探したが、東北の震災から1ヶ月のこの時期に、その銘柄は見つからなかった…

 

仕方なく、昔吸っていた銘柄のタバコを2箱と父親が生前好きだった『どら焼き』を買った。

 

リリーは、ひと安心して葬儀場で待つ姉達と合流した。

 

・・・

 

そこには姉3人と長女の旦那様、長女の娘と息子、

次女の娘2人、三女の旦那様の御両親、そして息子が勢揃い。

 

リリーは娘たちと一緒に挨拶をしながら、その部屋に入った。

「お疲れ様です。色々と準備ありがとうございます。皆んな、お久しぶりですね」

 

すぐ上の姉、かっちゃんが即座に話す。

「やっと来たね〜。父さんは、どこにいるの?」

 

唐突だ!

 

しかし、リリーも普通に対応する。

「そこにいるじゃない」

 

棺桶で横たわる父親の横でカジュアルに座っている父親の意識体を指差した。

 

そしてリリーの子供たちがそれぞれに素直に言う。

「じいちゃんって、2人いるの?」

 

「えっ?じいちゃんって黒髪だったかな?」

 

リリーが普通に答える。

「じいちゃんの遺体がこっちで、このひとが少し若い頃のじいちゃん…

おそらく自分で1番カッコいいと思ってる時のじいちゃんの姿だと思うわ」

 

子供たちは質問した割には興味がなさそうに答える。

「へぇ〜。じいちゃんやるねぇ〜」

 

それから…通夜の準備が整い、身内だけで通夜がおこなわれた。

 

その時、お経をあげられているのに棺桶の周りをウロウロする父親に目を奪われながら、リリーは通夜を終えた…

 

その後、親族が皆んな泊まれる様に布団等が用意されている中で、リリーの姉、長女が口を開いた。

 

「とにかく、4人で話をして、色々決めたいから席について」

 

4姉妹は何も言わずに話し合いのテーブルについた。

 

長女は続けて話す。

「お父さんの墓を、こちらにするか?リリーがいる長年暮らしていた場所にするか?散骨にするか?

どれがいいか父さんに聞いてくれない?」

 

父さんに聞く??

 

普通には無い会話だが、リリーの家系は血筋だ。

それぞれに特徴的な能力を持っている。

 

しかし、皆んな父親の意識体が視える訳でもなく、意思疎通も出来ない。

 

だからこそ、リリーに聞いてくるのだ。

 

リリーは父親の意識体に

「そう言われてるけど、どうする?」

ナチュラルに聞く。

 

「うちの地元に墓の土地を買ってるから、そこにしてって言ってるけど…」

 

「じゃー、そこで」

長女が促す。

 

「だとしたら、リリーが墓守になるけど?」

長女が続けて話す。

 

リリーは表情も変えずに答える。

「いいけど…墓は建てるってことね」

 

「では、それはそれでよろしくね」

 

そして、リリーのすぐ上の姉が口を開いた。

「私、父さんの大好きな酒とタバコを取り上げたの。

病院とか施設とか、そんなところで無理じゃない?

やめて貰うしかなかったの。でも、とても恨まれてる気がするの。どうかな?」

 

リリーは意識を、より父親に集中して目を閉じて問いかけた。

 

しばらくして、リリーは、ゆっくりと眼を開き答えた。

 

「父さんは、かっちゃんのことが大好きで、介護されるって家族会議になった時に、かっちゃんの側を希望したの。

早くに独立させて苦労させたという想いと、1番下の私は生まれる予定でもなかったから、余計に、かっちゃんが可愛いんだってさ!

その、かっちゃんが自分のことを想ってやったことだと解っているから全く怒ってもないよ〜」

 

リリーが伝えてる間に、かっちゃんは嗚咽をあげて号泣した…

 

「わたし…恨まれてるって…そう思って…ました…」

かっちゃんが泣きながら話した。

 

続けて、かっちゃんが話す。

「最期に…逢えなかったけど…父さんは…グスッ…寂しくなかったのかな?」

 

「全然大丈夫!父さんは、自分の実の母親が迎えに来てくれたから綺麗に体から抜けれたみたいよ」

リリーは、柔らかいトーンで姉に話した。

 

かっちゃんは、それを聞いて更に泣き崩れた。

 

父さんの実の母親は、父が幼少の頃に病弱で亡くなり、母親の愛情に飢えて育ったことを姉妹全員知っていたからだ。

 

病弱で父を愛していても構うことが出来なかった祖母…

 

若くして亡くなったせいかもしれないが、とても美人な人が迎えに来ている。

 

父親もウキウキしている。

 

リリーもさすがに少し苦笑いした。

 

そんな状況で、その他の取り決めも亡くなったはずの父親に確認しながら家族会議で決めていく。

 

リリー達4姉妹が話し合いをしている周りで、姉達の旦那様や、かっちゃんの義理の御両親は、ポカーンとした状態だ。

 

そんな中、リリーは長女に直球で聞いた。

 

「姉ちゃんは人が死ぬのが匂いで解る人だよね?何で父さんの事は分からなかったの?前日に病院に行ったんでしょ?」

 

「そうなのよ。私もビックリよ!

父さんは、この世に全く未練がない人だったみたいで…

そう言う人は死臭がないみたいだね〜私も貴重な経験させてもらったわ〜」

長女が饒舌に話す。

 

リリーはニコリともせず

「それって能力的にどうなん?

わかってたら対処出来たこと山程あるし、死ぬ時に誰も間に合わないなんてことにならなかったんじゃないの?」

淡々と話した。

 

長女は悪びれた様子が1ミリもなく

「私も新たな発見だったわ〜」

と大袈裟に言った。

 

大きな溜息を、リリーはついた。

 

そして…

 

明日が葬儀だというこの夜、この後に新たな事件が起こった・・・

 

その話は長くなるので次回へ

 

つづく・・・