第24話ー父の葬儀 番外編

リリーの父親の通夜があった晩に、4姉妹で家族会議が開かれた。

 

そして、色々な取り決めを亡くなったはずの父親の意識体に、リリーが確認をしながら決めていった。

 

親族が泊まれるこの施設で、布団を敷き詰め眠れる準備とシャワーを順番に済ませている中、リリーは父親の遺体の頬を触りながら言った。

 

「父さんの吸ってた銘柄は今、震災で工場が動いてないらしくて棺桶に入れてあげれないけど、昔吸ってた、このタバコを代わりに入れとくね…懐かしいでしょ?」

 

そう言うと、そのタバコを開けて1本飛び出た状態のまま棺桶に入れた。

 

そして、もう1箱を持って、リリーは喫煙所に向かった。

 

リリーは静かにタバコとライターだけを持って喫煙ルームに入った。

 

そして

 

「父さん、ココに来て」

 

と小さな声で言いながら父親の意識体に話しかけた。

 

そうすると、父親の意識体が喫煙所に入って来たので、リリーは父親に向かって

 

「代わりに吸うから匂いでも楽しんでね」

そう言うとタバコに火をつけた。

 

ゆ〜っくり吸い込み、そして息を、ゆ〜っくりはいた…

 

父親に、より楽しんでもらおうと、リリーはタバコの煙を多めに吐く。

 

そこに!!

 

ある霊体が喫煙所に入って来た。

同じ葬儀場の別の部屋で大きな社葬が行われようとしており、 その亡くなった本人の霊体だ。

 

リリーは普通に入って来たことにすら無反応のまま、タバコを楽しんでいた。

 

父親に楽しんでもらうためだ。

 

しかし、その入って来た霊体は、リリーに向かって言う。

「見えてますよね?」

 

リリーはピクリともしない。

 

タバコを更にゆっくり楽しむ。

 

入って来た霊体の男も引かない。

「私が見えてますよね?聞こえてますよね?私の声」

 

あまりにも大きな声で話しかけてくるので、リリーが反応した。

 

「聞こえてますけど、何も出来ませんよ!」

 

霊体の男が答える。

「おー!やっばり見えてるんですか?お願いがあるんです。私の伝言を伝えてもらえないでしょうか?」

 

リリーは、うんざりしたトーンで

「無理に決まってるって分かりますよね?」

と目を細めて言った。

 

「そう仰らずに、お願い出来ませんか?私の愛人に伝えて欲しいんです」

その霊体はサラリと言った。

 

「愛人にって余計に関われませんよー。

奥様やお子さんもいらっしゃいますよね?

それでいて伝言を愛人に?無理ですわ…」

リリーは真剣に困惑した。

 

「そこを何とかなりませんか?

彼女は私にとても尽くしてくれたのに、何も残せずに私は急死してしまった次第です…」

 

「そう言われても、無理です。

だって、私が出てって、どこから説明しろって言うんですか。

おかしなことですよね?

葬儀場の喫煙ルームで亡くなったあなたから頼まれましたって、誰が信じるんですか?

そもそも、あなたは大きな会社の社長で…女性である私が出て行くだけで、かなりややこしくなるって思いませんか?」

 

「・・・そ、そうですね…そうなりますよね。私が死ぬ前に色んなことを先延ばしにせずにしていたら問題なかった話ですよね?そうですよね?」

 

「そうかもしれませんね…」

リリーは霊体の社長さんに少し同情しながら答えた。

 

「そうなんですよね。私のせいですよね?

でも…彼女にだけ、こっそり、耳打ちとかしてもらうのもダメでしょうか?」

霊体の社長は死んでも図々しい…

 

リリーは同情したのを一瞬で後悔しながら即答した。

「無理なもんは無理です。自分の身内や近しい人で視える人に声かけてください」

 

「そんな人いるんですか?」

 

「知らないですよぉ〜。とにかく、私は、あなたの望みには答えられません!

ですから、私と父親の時間を邪魔しないでもらえますか?」

リリーはイラついた。

 

「わかりました。とりあえず外へ出ます。でも、考えてみてもらえませんか?よろしくお願いします」

霊体の社長は頭を下げて喫煙所を出てった。

 

リリーは父親と2人っきりになったので、新しいタバコに火をつけて、ゆっくりと吸った。

 

・・・

その日の夜、リリーは、もう1度、喫煙所へ行く機会があった。

 

喫煙所に入る前に中をのぞいたら誰もいなかった。

 

喫煙所に入って、リリーの父親へメッセージを送った。

父親は、喫煙所へドアも開けずに入って来た。

 

そこでリリーは微笑みながら父親の昔吸っていた銘柄のタバコに火をつけた。

 

その時

 

喫煙所のドアも開けずに、また隣の葬儀の社長さんが入って来た!

 

「私の声を誰も聞いてくれないんです」

その霊体の社長は言った。

 

リリーは目線も合わさずにタバコを吸っている。

 

「やはり、あなたしか頼める人はいないって事なんです」

真剣に霊体の社長は言う。

 

リリーはチラッと社長を見て

「無理って説明しましたよね?私は自分の父親の葬儀のためにココに来ています。あなたを助けるためではないんです。理解してもらえませんか?」

冷たいトーンで言った。

 

その社長はガッツがある。

「そうだとしても、ここで私の話を聞いてもらえているのも何かの縁だと思うんです。何なら、私の秘書を教えますので、その秘書に説明してもらえませんか?」

 

リリーは笑いがこみ上げてきた。

半笑いのまま、父親の銘柄のタバコを吸った。

 

そして、リリーはキッパリと言った。

「何度言われても私はあなたの望みを叶えることは無理です。諦めて成仏してください」

 

その社長は大きくため息をついた後に空を仰いだ。

 

リリーは、その様子を見て謝った。

「お力になれなくて、ごめんなさいね。でも、きっと大丈夫!あなたの愛した愛人は、賢く強い人だから…」

 

・・・

 

次の日、リリーの父親の葬儀と同時刻に隣で、その社長の葬儀があった。

 

どうやら、あの人が愛人だと言う人を見かけた。リリーの胸はキュッとしたが、そのまま見守った…

 

視えても何もしてあげれない…

 

どうしようもない…

 

家族会議は父親が亡くなった後でも出来るけど、それ以外は、ある意味御法度だ!!

 

お手伝いも出来ない自分に気づいてフラストレーションを抱えるリリー。

 

父親の葬儀中のお経をBGMに寝落ちする末娘に笑いながら、複雑な心境になった。

 

そんな他人は、さておき・・・

 

リリーは父子家庭で育ったことも含めて父親の命日を特別な日として過ごすのであった…

 

・・・

 

あの社長が

 

その後

 

どうしたのかは

 

リリーも知らない…