第26話ー響の能力

【Bar Siva】オーナーママのリリーは今宵も妖艶な光を放っている。

まるで瞑想をしているかの様に目を閉じて意識を解放している様に見えた。

 

ボーイのサトシは、厨房の入口から、リリーを見つめながら微笑んでいた。

 

リリーは視線に気付いて目を開いた。

「どうしたの?何か言いたいことがあるの?」

 

サトシは満面の笑みで答えた。

「今日は響様が来られる予定です。ママは響様とは長い付き合いだと仰ってましたよね?」

 

リリーはサトシを真っ直ぐに見つめたまま話す。

「そうだけど…ストレートに言ってくれない?」

 

「以前、響様とは、あの世の公務員でご一緒で、

しかも、魔女狩りの時代もってお話しだったので…

響様もママの様な能力がお有りで、記憶もあるってことでしょうか?」

サトシは思い切って質問した。

リリーはタバコに火をつけながら答えた。

「能力は人それぞれだけど、視える人ってのは当たってるわよ。

それと、記憶もあると思うけど…

何で聞きたいの?」

 

「いや、何か特別にというよりは素朴な疑問です」

サトシは真っ直ぐな瞳をキラッキラさせながら言った。

 

リリーはタバコの煙を大きく吐くと低めのトーンで話し始めた。

「響はね、小さい頃から視えることを周りに否定されて育ったの。

そういう人は何人も私も知ってるんだけど、響は根が真面目だから、

自分が視えているものを視えてないふりをすることが、かなりのストレスになり、

ある意味、その部分を自分で自分を殺したの」

 

サトシが驚きのあまり、両手で自分の口を塞いだ。

 

リリーは続けて話す。

「そんなことをすると、心が普通じゃいられなくなるの…

響以外にも何人もあったことあるけど、

親は自分が視えてないものが視える子供を病気扱いしたり、お祓いに連れてってみたり、悪魔祓いをさせようとしたり、いろんなケースがあるのよ。

響の場合は、察しも良いから自分で自分の一部分を破壊したの。

だから、本当に彼女には視えなくなっていたわ。

分かりやすく言うと、力を封印してたってこと」

 

「封印ってことは、単純にですが、力を使えなくしていたってことですよね?」

サトシは口を塞いでいた両手を少し浮かせて質問した。

 

「そうね。力の放棄とも言うんだけど…

そうなの。長年使ってなかったのに、私と出逢ってから強制的に映像をキャッチしてしまう回数が増えていって、そこから封印が徐々に解けてきて…ここ最近は全開モードというか…

バージョンアップというか、アップデートというか…」

リリーは言い終わると突然笑い出した。

 

サトシが、まだ両手で口を塞いだままだったからだ。

「もう、やめなさいよ〜。怪談話してるわけじゃないんだし」

リリーが指差して笑ってる所に、店のドアが開いた。

 

「いらっしゃいませ〜」

反射的にサトシが明るく言った。

 

もちろん、響の来店だ。

響は全身黒の洋服に包まれている。

 

そして、独特のロングネイル… 目を奪われる出で立ちである。

 

響は定番の席に座りながら

 

「今日、なんだか暑いよね?ここへ辿り着くまでに長かったわぁ〜」

 

入って来た瞬間に響ワールド全開だ。

 

リリーは微笑んだまま、タバコを消した。

「で、何飲むのかしら?」

 

「う〜ん…暑いし最初は冷たい緑茶にするわ。リリーもサトシも呑んでよ〜」

響は鞄からタバコケースを出しながら答えた。

 

「かしこまりました」

サトシは、いつも以上に爽やかに言って厨房へ消えた。

 

「で、どうだったって?」

リリーが間髪いれずに聞いた。

 

「あ〜。どうって、大変だったわよ〜。

何が何って夜中から何でか分からないまま私がソワソワしちゃって、禊を始めたりしたわけよ〜」

 

禊とはお風呂に入ることだ。

響の言葉は独特のものが多く、初めましての人には、ちんぷんかんぷんに聞こえるかもしれない

 

 

リリーが自分のタバコに火をつけながら聞いた。

「禊って、何に備えて?」

 

「そうでしょ?私にも分からないけど、彼女の出産なのに私も産む気満々って感じよ〜わかる?」

響はタバコケースからタバコを取り出しながら早口で喋る。

 

リリーが笑いながら

「わかんないわよ〜。何で一緒に産む気になったの?」

誰もが思う疑問をぶつけた。

 

「だから、何故だか分からないけどって説明してると思うんだけど〜。

何か流れでソワソワしちゃって、彼女の陣痛を何でか分からないけど「半分個」してて、

夜中に痛いわ、気持ち悪いわで大騒動よ」

響が言い終わると、リリーは響のタバコに火を付けて、口を開いた。

 

「それで、陣痛の後は?」

 

「それもまた流れのままというのか、気が付いたら生まれてくるベイビーが自然分娩で、出るのが大変そうだったから、つい、ベイビーと痛みの半分個てて…」

 

「ベイビーと半分個?」

リリーが聞き直した。

 

「そう!だから私は彼女から産まれたわけよ〜」

 

「面白すぎるわ〜。痛みを、わざわざ半分個して引き受けてあげてるんだよね?

頼まれてもないのに優しいとしか言いようがないわ〜」

 

リリーが半分呆れ気味に話してるとサトシが厨房から出て来た。

 

「お待たせしました。響様には冷たいグリーンティー。ママと私はビールをいただきます」

 

そう言いながらサトシはグラスを皆んなの前に置いた。

 

「私は注文の時に、冷たい緑茶って言ったのに、冷たいグリーンティーって言い直さなくても良くね?」

響は半笑いで抗議した。

 

「申し訳ございません。冷たい緑茶でございます」

出来るボーイ代表のサトシが言い直した。

響は細やかなことも気になるのだ。

真面目で繊細である。

 

リリーとサトシは響の顔を見てグラスを持った。

響も自分のグラスを片手に言った。

 

「では、十何年ぶりの擬似出産にカンパ〜イ」

 

3人は微笑みながらグラスを合わせた。

 

リリーはグビグビと音を鳴らしてビールを半分近く呑んだ。

 

「あ〜〜美味しい!

そう言えば、前にもあったよね〜私と 半分個事件。あれは心底大変だったわよ」

 

リリーは眉間にシワを寄せて、その当時の痛みを思い出していた。

 

「あったねぇ〜。お義父さんが亡くなったときよね。あの時は左腕に絡みついて引っ張られて発熱して…」

響はタバコを吸いながら思い出す様に斜め上を向いた。

 

「あったねぇ〜って軽いねぇ〜。

あの時、響と半分個してて私は高熱と吐き気、寒気に左腕の怠さと大騒動だったから、病院へ行ってインフルエンザの検査したら、陰性だし。

あら?っと思って響に連絡したら半分個してたのが解って…」

リリーは思い出しながら、嫌な、苦い顔をした。

 

「あの時は痛さのあまりに半分個してたのよね〜。しんど過ぎて何日か記憶ないもん」

響は少しうつむいたままで言うと、タバコを消した。

 

「半分個…響の得意技ね」

そう言うとリリーはビールを飲み干して、サトシに目配せをした。

 

「必殺技じゃね?」

響は笑いながら新しいタバコに自分で火を付けた。

 

「さ、今夜も呑むわよ〜サトシ、早くおかわり持って来て」

 

「私はノンアルコールでも酔っ払いと同等の喋り出来ますから〜」

響が声高らかに笑う。

 

・・・

 

・・・

 

響の話には続きがあるので、また今度…