第29話ーるみとお蘭と私

【Bar Siva】オーナーママのリリーは店で予約キャンセルが出て、約2時間の空き時間を得ることが出来た!

 

これがチャンスと珍しく友達の店へ遊びに出掛けた。

 

リリーは、その店のドアを開けて中へ入った。

 

「いらっしゃいませ〜」

その店のオーナーママの、るみは、そう言って出迎えてくれた。

 

るみは、リリーの顔を見ると

「あら?ご無沙汰じゃない?お店どした〜?大丈夫なの?」

と立て続けに聞いた。

 

リリーはニコニコしながら席に座って答えた。

「キャンセルが出て少し時間が出来たから抜けて来たの。ビールお願いします」

 

「は〜い。付き出しは無しでいいのかしら?ビールに氷入れる?」

るみは端的に聞く。

 

「付き出しは無しで。氷は2個もらうわ」

リリーは出された灰皿を触りながら答えた。

 

るみは軽い返事をした。

「りょうか〜い。リリーの店でキャンセルって珍しいわよね。狐か何か?」

 

内容は超ドストレートだ。

 

「そうだったみたい。るみの所は最近どんな感じ?」

リリーも動じずに答えて質問をする。

 

「うちは相変わらずよぉ〜。常連さんのおかげ様よ〜」

るみはビールサーバーで注いだビールに氷を入れながら答えた。

 

「はい。おまたせ」

 

リリーはグラスを受け取ると

「一緒に呑みましょ〜」

と笑顔で言った。

 

るみは

「コーヒー飲んでる途中だから後でいただくわ。お先にどうぞ〜」

と言ってコーヒーが入ったマグカップで乾杯した。

 

リリーは一気にグビグビと喉を鳴らしながらビールを呑んだ。

「よそ様でいただくビールは格別ね」

 

るみは自分のタバコに火を付けて言った。

「狐かぁ〜。珍しい話でもないけど、リリーの店は予約する時から狐は断るはずよね?」

 

リリーも自分のタバコに火を付けて答えた。

「普段はね。今日の人は、どうしても来たい気持ちはあったと思うの。大きな邪魔が入ったけどね」

 

「また予約してくるのかしら?」

るみは伏し目がちに言った。

 

「さぁ〜、どうかしらね?狐からしたら私は嫌な存在かもしれないわね。いったい、どっちが善で、どっちが悪かなんて…宇宙全体で考えたら善も悪もないのかもしれないし、何が正解なのかしらね…」

 

リリーは大きく、ゆっくりタバコを吸った。

それは、大きな深呼吸でもあり、大きなため息でもあったのかもしれない。

 

リリーはビールを呑み干して

 

「おかわりください」

 

と空のグラスをるみへ渡した。

 

るみはニコッとした後、新しいグラスにビールを注ぎながら話した。

 

「もう何年になるかしら?出逢って」

 

「そうね〜チビがチビだったから何年になるかしら?」

 

るみがビールに氷を入れながら斜め上へ目線動かした。

「7年?いや、10年?」

 

「もう、そんなになる?」

リリーは答えながらグラスを受け取った。

 

「懐かしいよね〜。お蘭も、あの時、私は初めましてだったから」

リリーはタバコの灰を落としながら続けた。

 

「あの時って、そう言えば…私以外、オカマかゲイしか居なかったわよね?」

 

るみがコーヒーを飲みながら答える。

「本当よね〜。考えたら恐ろしい図よ」

 

「お蘭なんて初めましてで近づいて来て、女性の格好で『久々に本物に出逢ったわ』って言うから、そんなに女性に逢わないのかと一瞬思ったら、【視える種族】の話だったって話を思い出したわ」

 

リリーは、その光景を鮮明に覚えている。

 

お蘭に話しかけられた後に意識を

お蘭に集中したら【視える眼】だと

お互いに確認した。

 

もちろん、言葉など使わない。

 

その後にリリーとお蘭は目配せで、そのお店の中にいる霊体2体の存在も、お互いに確認。

 

同じものが視えてる人なんだ…

 

そんなお蘭との出逢い…

 

その店、その空間に、るみも居たのだ。

リリーは懐かしく思いながら口を開いた。

「るみも視えるのに、力使わないよね」

 

「私の場合は自分の身を守ることにのみ発揮するからね。危険か危険じゃないか?自分にとって良いエネルギーか?どうか?それぐらいのものよ。人を視るとかは無いわ」

 

るみはハッキリしている。

自分以外の人は他人である。

 

当たり前のことだが、線引きがハッキリしている。

それが彼女の強さでもある。

来世もオカマで生まれたいと言う彼女の自己愛から全ての優しさが生まれているのだ。

 

まずは自分を愛する…

 

シンプルだが、今の世の中では屈折した愛が多過ぎる…

 

話を元に戻そう。

 

リリーは娘がるみを誤解していたことを思い出して口を開いた。

 

「チビは、るみのこと、本当に女性だと何年も思ってたしね」

 

「そうそう。すんごい真顔で私の隣に来て『知ってるんよ。その胸、作ったんでしょ?』って言うから笑ったわよ〜。今まで知らなかったの?って」

るみは当時を思い出しながら笑った。

 

「1番驚いたのは娘だと思うわ。ずっと綺麗なお姉さんだと思ってたんだから〜。ショック受けてたわよ」

リリーは半笑いでビールを呑む。

 

「あれで相当なエネルギーの塊だからね〜。純粋も武器なんだろうね」

るみはコーヒーを飲み干してマグカップを上に軽く上げて

 

「乾杯するわぁ」

 

と言うとグラスにビールを注いだ。

 

リリーはタバコを消した後に自分のグラスを右手で持ち、るみのグラスと軽く当てて言った。

 

「カンパ〜イ」

 

ビールをひと口呑んで

 

「時間限られているから、一気に呑んでね」

 

リリーは悪戯っ子の微笑みをした。

 

・・・

 

この後、予約15分前に

 

お店で留守番をしているボーイのサトシから電話があって、リリーの束の間の休息も

 

強制終了となる…