第30話ーリリーの母親

「ありがとうございます」

【Bar Siva】のボーイのサトシは今日も爽やかだ。

 

オーナーママのリリーはカウンターの中から軽く左手を振っている。

 

お客がドアから出るのを見送った後に、リリーはタバコに火を付けた。

 

 

カウンターの上のグラスを片付けながらサトシが話し出した。

 

「ママ、今夜は今の方が最終予約でした。お店の閉店時間まで呑まれますか?」

 

リリーはタバコの煙を吐き出しながら答える。

 

「いただくわ。誰か来る気配がするし…」

 

「かしこまりました。どなたか来られるのでしょうか?」

サトシは厨房へ入りながら言った。

 

 

リリーは、その場を動かない。

 

軽く目を閉じて、左手で右手の肘を支えたポーズでタバコを楽しんでいた。

 

そこへサトシがビールを持って来た。

 

リリーは、ゆっくり目を開けて、まるでスローモーションの様な動きでグラスを受け取った。

 

 

「今…いろんなこと思い出したわ」

リリーが真顔で言った。

 

 

「何を思い出されたのですか?」

サトシが普通に聞く。

 

 

「お母さんのこと」

 

 

「お母様とは、ママのですか?」

 

「そう…」

 

 

「えっ?あの、ある朝、金目のものを全て持って男と駆け落ちしたっていう、お母さんですか?」

サトシは早口で言った。

 

 

「そう。母親である前に女であることを選んだ人のこと」

リリーは、そう言うとビールをゴクリと呑んだ。

 

「失礼かもしれませんが、そのお母様の何を思い出されたのでしょうか?」

サトシが上目遣いで聞いてきた。

 

リリーは薄ら笑いを浮かべながら口を開いた。

 

「あの人の能力を思い出したの。前にも話したことあると思うけど、うちは母親の血筋で… 女が生まれると何かしらの能力があることが多いの。ま、それを使うか使わないか、受け入れるか拒否するかは別としてね」

 

 

サトシはトレイを両手で抱きしめた状態で小さく頷いた。

 

リリーは淡々と続けて話す。

「そこで、あの人の能力は枕元で御告げもあったけど、1番上の姉と似ていて、人が死ぬのが視えるの」

 

 

サトシはビクッとしたが黙って聞いている。

 

「その視え方がね、人が透けていくんだって…私が中学1年生の時だったかな?父親が胃潰瘍で入院したことがあって、お見舞いに病院へ行ったの。大部屋で父親以外に5名の方と同じ部屋だったのね」

 

サトシは頷きながら聞く。

リリーはタバコを消しながら続けた。

 

 

「その大部屋の奥のおじさまを指差して私に説明してくれたの」

 

リリーは、その当時の母親の映像を見ていた。

その映像の中でリリーの母親は話す。

 

 

「ねぇ、見てごらん。あのおじさんは向こうが透けて見えてるでしょう?」

 

中学1年生のリリーが答える。

「向こうが透けてなんて見えないわ」

 

「あら?あなたには、その眼は無いのね…でも、あなたの能力なら、私の言っていることが出来る様になると思うわよ」

 

「どういう意味?」

 

「今は気が付いてないだけかもしれないから、私が視えているものを話しておくわね…」

 

 

リリーの母親は続けて話した。

 

「あのおじさんは向こうが透けて見えてきてる。だから毎日どんどん透けて見える範囲が広がってくるの。おそらく1週間は生きられないわ。見てたら答えは出るから…」

 

「お父さんは大丈夫?」

心配になってリリーは聞いた。

 

「お父さんは全然大丈夫よ。安心して」

リリーの母親は笑顔で答えた。

 

 

「それで、その人は、どうなったのですか?」

サトシの質問で、リリーは現実の世界に戻って来た。

 

「あ、それでね、1週間後の日曜日に父親のお見舞いに再度行った時に、そのおじさんのベッドは空いていたの」

 

「亡くなったってことですか?」

サトシの目がクリクリに見開きながら聞いた。

 

「そう…母親に聞いてみたら、3日後には危篤になって個室に移されてって、バタバタだったらしい。でも、苦しまなかったって」

 

リリーが説明した。

 

 

サトシはクリクリしたまま

「すっごい話ですね。ママも透けて見える様になったのですか?」

素直にたずねた。

 

「いいえ。全く透けて見えないわ」

リリーは微笑みながら答えた。

 

サトシは興奮した状態で

「ママ、何で急に思い出されたのですか?」

鼻息荒く質問した。

 

「さぁ〜何でかしらね…もう、どこに居るのかも知らないのにね。何かの虫の知らせかしら?って言っても長生きするタイプよ」

 

リリーは笑いながらタバコに火を付けた。

 

 

その時、店のドアが開いた。

 

「いらっしゃいませ〜」

サトシが反射的に言った。

 

「あら?珍しい人のご来店ね〜。元気にしてたの?」

リリーがいつもより大きめの声で言った。

 

入って来たその人は右手をあげて微笑みながら近づいて来た…

 

この人の話は

 

また…今度…

 

・・・

 

 

リリーの母親が全てを捨てて家を出る朝は…

 

その病院でのできごとの、1年半後であった…

 

リリーへの最後のレクチャーになったのだ…