第32話ー好きな人

今夜も【Bar Siva】は後5分で定刻を迎える。

ボーイのサトシは、オーナーママのリリーに向かって言った。

「ママ、後5分で定刻です」

リリーは目を閉じたまま口を開く。

「お願いするわ。すでにイライラしてきた」

「かしこまりました。すぐご用意いたします」

サトシは即、厨房へ入った。

リリーは、ゆっくりと目を開けてタバコに火をつけた。

大きく息を吸ってタバコの煙をはく…

リリーのモヤモヤは少し落ち着いた。

このモヤモヤは今からくる1番目のお客の相談内容が視えているせいである。

サトシは急ぎ気味に厨房から出て来て、リリーにビールグラスを渡してストレートに質問した。

「そんなに理不尽な話なのですか?」

リリーは渡されたビールを喉を鳴らしながら呑んだ後に答えた。

「ふぅー。相変わらず美味しいわね…

理不尽っていうか、あ、そうなんだって感じかしら?

偏見がある世界だからね〜」

「どの世界なのですか?」
サトシが続けて質問をした時に店のドアが開いた。

「いらっしゃいませ〜」

サトシは内心、質問の答えを聞けなかったことを残念に想いつつ、安定の爽やかさで言った。

店に入って来た、その男は少し機嫌が悪そうに見えた。

その男、室田はカウンターに雑に座った後に口を開いた。

「久しぶり。とりあえずビールで」

ポケットからタバコを取り出しながら、眉間にしわを寄せた。

リリーはピクリとも反応せず淡々と言った。

「ご無沙汰ね。私もビールいただいても構わないかしら?」

「どうぞ。聞かなくていいから呑んで」

室田は冷たいトーンで言った。

リリーはサトシに目配せをしてから、室田に向かって話す。

「特に鑑定では無いんでしょう?」

「今更鑑定しなくても、君は僕の気持ちに気付いてるでしょ?何度も口にもしてきたし…」

室田は目を伏せたまま少しイライラした口調で言った。

リリーはポーカーフェイスのまま答える。

「そうね。今更ね…」

リリーは室田のタバコに火をつけた。
室田はタバコの煙をゆっくり吐き出した。

そこへサトシがビールを2つ運んで来た。

リリーはビールを受け取ると右手で持ち室田のグラスに向かって乾杯した。

「いただきます」
リリーは低めの声でそう言うとビールをひと口呑んだ。

室田はタバコを吸いながら

「君は、いつまでこんなことを続けるつもりなんだい?」

おもむろに聞いた。

リリーはタバコを深く吸って、ゆっくりと煙をはいた後に口を開いた。

「こんなことって、どんなことかしら?」

「飲み屋だよ。なぜ、君は飲み屋なんかする必要があるの?」

室田は早口で言った。

リリーは真顔で答える。

「ねぇ?それって何目線の話かしら?なぜ、私は私のしていることを貴方に何か言われなくてはいけないのかしら?おかしくない?」

室田は貧乏ゆすりをしながら答える。

「僕の気持ちは当然分かってるわけで、もう何年も君が飲み屋をやっていることが理解できないんだよ。そう、何度も話しただろ?」

リリーは笑えてきた。
ニヤケながら話す。

「ねぇ。話がおかしくない?私たち、何の関係もないじゃない…貴方は私の家族でも恋人でもない人って認識出来てる?そんな人に私が仕事としてやっていることに何かを言われる筋合いもないわ」

リリーはビールを一気に呑み干した。

室田は頭を掻きながら話す。

「それはもちろん分かってるけど、僕は今までにない気持ちを伝えているのは理解してもらえてる?」

リリーは少し驚いた。
そして冷静に答えた。

「私は私に逢う前のあなたを知らないわ…ねぇ、考えてみて。貴方の話してることは全て自分軸であって、私は一切関係ないわ」

室田は目を見開いた。
そして、ひどく驚いた様に話す。

「君は僕が何を言っているのか伝わらないのかな?」

リリーはタバコを新しく付け替えながら、ゆっくり答えた。

「好きな人って、貴方にとってはどういう扱いなの?」

「扱いって…」

室田はうろたえた。
リリーは重ねて話す。

「好きな人がやってることを、まずは受け入れるべきじゃないかな?

だって、自分の好きな人なんでしょ?…なのに、なぜ、好きな人が仕事として真剣に取り組んでいることを全否定するの?

なぜ自分の物差しで決めつけてるの?

しかも、相手がどう思っているかの気持ちは無視した上でジャッジメントって…

一体貴方は何様なの?」

とても淡々と、しかも堂々とした態度でリリーはたずねた。

室田はイラついた様子で答える。

「君は僕が言ってることすら理解出来てないってことだよね?」

リリーは急にトーンが最上級に低くなった。
そして話す。

「私たち、日本語をお互いに話してるけど平行線よね…」

サトシが運んで来ていた新しいビールにリリーは口をつけた後に続けた。

「貴方は会社を起業して今では成功してるかもしれないけど、それと私の仕事を否定する発言をするのは別問題だと思うわ。

だって、それ以前に私は1度も貴方を好きとか一緒になるなんて言ったこともないわよね?

私たち、恋人でもないのに私のすることに何かを言われたくないわ」

室田はハッとした。
やっと自分の言葉遣いが、かなりの上から目線であることに客観的に気がつくことが出来たのだ。
リリーを好きな気持ちと飲み屋をしていることを理解できないというジレンマは全て己の感情だ。

それをリリーにぶつけていた事に気が付いたのだ。


室田は素直な言葉を口にした。

「ごめん。君に僕の勝手な気持ちを押し付けていて、思い通りの答えをくれない君に苛立ちを覚えていたみたいで、本当に申し訳ない…」

室田は右手のひらで両目を覆った。

リリーは低いトーンのまま答える。
「そう思ってくれたなら、それはそれで良かったわ」

室田は両手で自分の顔を2回叩いて気合いを入れた。
そして
「よし!今日は時間まで楽しく呑んでください。気持ち入れ替えます!」
少し吹っ切れた様にも見える空元気で言った。

リリーはニコッと笑って言う。
「カッコいい〜!では、改めまして乾杯ね」

そう言ってグラスを持ち

「カンパーイ」

と目を薄め、口だけ笑った状態で乾杯した。

厨房の入り口で一部始終を見ていたボーイのサトシは背筋が凍る感じがした…

・・・

それから2年…

室田から、リリーの知ってる女性と結婚をしたと報告を受ける事になる。

・・・

めでたし…

めでたし…

・・・