第33話ー時空を超えた愛

今夜も【Bar Siva】オーナーママのリリーは、独特の雰囲気を醸し出してカウンターに立っている。

 

黒のドレスに黒のストール、ゴールドのネイルがゴージャスで存在感がある。

 

今日は濃いブルーのメイクで妖艶さが増している様に感じる。

 

 

ボーイのサトシは厨房から出て来て、リリーへ言った。

 

「ママ、開店準備出来ました。1番は山岡様です。先に呑まれますか?」

 

「もう来ると思うから同時でいいわ」

リリーは目を瞑ったまま答えた。

 

サトシが返事をする前に店のドアが開いた。

 

 

「いらっしゃいませ〜」

 

反射的にサトシが笑顔で言った。

 

ドアを開けて笑顔で山岡が入って来た。

 

「お久しぶり〜」

 

山岡は話しながらカウンターの席に座った。

 

 

「山岡様、ようこそお越しくださいました。お飲み物はいかがいたしましょうか?」

 

ボーイのサトシが爽やかに聞く。

 

「チューハイレモンで」

 

「かしこまりました」

 

「あっ!リリーさんにもビールをお願いします」

 

「かしこまりました」

 

サトシは軽く会釈をして厨房へ入って行った。

 

 

リリーが口を開く。

 

「ご無沙汰です。その後、どう?」

 

山岡は鞄からタバコを出しながら答える。

 

「その後…う〜ん。順調って言えば順調かな?」

 

 

「ゆみは元気?」

 

リリーは山岡のタバコに火をつけながら言った。

 

山岡はタバコの煙を横に向いて吐いた後に答えた。

 

「元気よ。関係も良好だと思う。あれから、ゆみの言うことを聞いてやれる様になったし、ゆみも落ち着いてるから」

 

そこへサトシが厨房から飲み物を運んで来た。

 

 

「お待たせいたしました。チューハイレモンでございます」

 

サトシから飲み物を受け取ったリリーと山岡。

 

「さ、とにかく、カンパーイ」

 

リリーは笑顔でそう言うと山岡のグラスに軽くビールグラスを当てた。

 

リリーはグラスの半分近くまでビールを飲み干して口を開いた。

 

 

「あー美味しい。なんだかいつもより美味しく感じるわ…家族間が落ち着いてて良かったけど、あなたたち親子は前世からの絡みもあるから複雑よね」

 

山岡が眉間にシワを寄せながら思い出そうとしている。

 

「私と娘が結ばれなかったって話だったよね?」

 

 

「そう。あなたとゆみは恋人同士だった。家も近所で幼馴染…あなたが男で、ゆみは女だったわ。その時から、あなたはゆみに愛されてるのよ」

 

リリーは自分のタバコに火をつけながら答えた。

 

 

「確か、私がゆみの目の前で亡くなったんだったよね?」

 

山岡は少しズレた眼鏡を直しながら言った。

 

 

「そうね。目の前で殺されたの…仕方のない時代だったのよね。争いが絶えない中で生きていることが奇跡だもの」

 

リリーは伏し目がちに言った後、タバコを深く吸った。

 

 

山岡は、リリーを真っ直ぐに見つめたまま話す。

 

「そう言えば、ゆみが1人目の子供を産んだ時に変なこと言ったの」

 

リリーは山岡を真っ直ぐに見つめ返した。

山岡は続けて話す。

 

 

「産んだ後に『お母さんの子供を産んだよ』って言ったの。

 

『私、お母さんの子供を産んだよ』って…

 

おかしくない?」

 

 

リリーはニコリとして小さく頷いた。

 

「前世で叶えられなかったから、あなたの娘で生まれる選択をした彼女らしいわね」

 

 

山岡は驚いた様子で答える。

 

「そういう意味だったの?今まで全く気がついてなかったわ。選んで来てくれたんだね…」

 

リリーは少し遠い目をしながら言う。

 

「そうね。とても長い時間、ゆみは愛し続けてるわ。娘が母親を愛し続けるって、普通は逆よね〜」

 

「本当よね。すごく愛されてるのは感じるわ。前世からって長いねぇ〜」

 

山岡は溜息まじりで言った後にタバコを消した。

 

 

リリーは山岡の前世の映像を視ていた。

 

 

・・・

 

 

ゆみが山岡が撃たれて倒れた瞬間を目撃している。

 

駆け寄ろうとしているゆみを周りの人が止めている。

 

泣き叫ぶゆみ…

 

命の灯火が消えていく山岡…

 

ゆみが手を伸ばしている。

 

届かない…

 

悲鳴のような叫び声…

 

その声がだんだん遠くで聞こえる…

 

その声と共に映像も遠く小さくなり、やがて消えた…

 

そこから時を超えて、ゆみが山岡の子供を産んで初めて赤ちゃんを抱いた病院。

リリーは、その病院での映像を視た後

 

今、目の前の山岡の顔を見つめた。

 

 

「愛って本当に素晴らしいわね。歪んでる人も多いけど、純粋な愛のパワーに叶うものはないのかもしれないわね」

 

リリーは聖母マリア様のような微笑みと柔らかなトーンで言った。

 

 

山岡は少し涙ぐんで答える。

 

「私からは愛を返しきれてないかもしれない」

 

「大丈夫よ。愛を返して欲しいなんて思ってないから。また近いうちに孫の顔でも見に行けば?ゆみが喜ぶわ」

 

リリーは優しく穏やかに言った。

 

 

山岡は涙目で何度も頷いた。

 

・・・

 

・・・

 

今宵はココまで…