CABAの感想…第46話ー異質

小学生の時からの同性の同級生と

同伴出勤してくるママのお店、SIVA。

実に興味深いお店です(笑)

 

中学生だったリリーさんの能力に、

まだまだ未熟な思春期の同級生が攻撃をしたことは

如何ともし難いことだったのかな。

 

マイノリティーな存在への悪戯な興味や

自分が知らないことへの抵抗感は、

日本人にありがちな島国根性のようなものなのかな。

 

これを子供が振りかざすと、時として

残酷な行動を取ってしまうよね。

 

いやいや、これは大人になった今でも時折見受けられるかな。

 

昔と比べて今は価値観も多様化して、

未知の存在に対する理解も多少は進んでいるのかもしれないけど、

まだまだ厳しいよね。

 

自分が知らない世界を受け入れるか否かは

その人の自由だけど、

私は勝手に、自分に都合良く受け入れようと思ってる。

 

流し見している朝の情報番組の占いだって、良いことも悪いことも、私は都合良く受け入れてみる。

だから、たとえ星座占いが12位だって恐くない(笑)

時には聞かなかったことにしたりして。

 

能力者からいただいた情報を、どのように生かすかは自分自身の感性ではないか。

 

能力を持たない私は、その感性を磨きたい。

 

あ”、、、そういえば同窓会。

鍋島が総幹事だからこそ、人が集まる同窓会。

しかし、参加を見送る美紀。

人望が厚い鍋島も、”孫”には勝てないのですね。

 

そんな感想を持ちました。