おくりびとー小堀vol.4

第12話ーおくりびと 小堀の話

ーーーーー

【ホントの意味での往生際の悪い叔父】

 

福岡の叔父が余命宣告を受けた

親類縁者を集めてお別れ会を

八雲本店の宴会場でやった

叔父に「迷わず成仏するように送るから」と言うと、

悲しい顔で頷いてた。

 

あとで母親から「余命宣告を受けた本人にあんな事を言うもんじゃないよ」と叱責されたが

撤回してもおかしな事になるのでやめた。

 

そして半年後のお通夜の明け方

叔父が言ってきた

「ワシ、成仏しとうないんじゃ!オトナの事情で!」

「初孫が生まれたばかり、何もしてやってない。頼むけぇ、ワシの気がすむまで初孫のそばで見守りたいんじゃー!」

 

そこまで強い想いが残っているなら仕方ないかと思いながら

「わかった、叔父さんの想うようにしんさい、思う存分見守って、気が済んだら成仏するんよ。」そう言ったけど

あれから10年くらいになるけど、まだ東京の初孫のそばで見守っているようだ。