おくりびとー小堀vol.5

もう、十数年前になるだろうか

ある時、お得意さんが入院して院内から
ポカリスエットの注文があった、

霊感が強いと「あるある」なのだが

病室に配達すると

私の左側の手を突然…

「キュっ」と握って来る

小さな女の子の手の感触があるが…

姿がない、

それは…

あれあれ〜?

と思いながら

その女の子を自宅に連れて帰ってしまった…
というかついてきてしまった

昼食の時間なのに

ヒドいムカムカが襲って来る
食卓の椅子に座ってるのも
かなりしんどい
ヒドイ船酔いに近い感覚で
全く食欲が無い

自分的には、
あまり経験がない症状だ

なぜなら

夏バテや高熱が出ても
食欲が落ちないのに、

ヒドいムカムカが治らない

アレはかなりヤバかった。

この頃は、
まだ自分でお祓いする方法も知らず

苦しむだけで

その頃は親父も健在だったので
知らず知らずに祓ってくれたみたいだった

親父も幼い頃に高熱で死にかけたときに、

お迎えを追い返した経験から霊感が有り、
この霊感も遺伝?
なのかもしれない

今となっては良い思い出です。

ありがとう
親父。