今夜は以前、鑑定した方からのご紹介で、わざわざ地方から来られるお客様である。

 

ボーイのサトシは定刻通りに看板を点けて言った。

予約の時間が迫るにつれて、リリーは気が進まなくなっている。

 

理由はわかっている。

 

今から来る人の相 ...

香水の匂いを振り撒く様に、その女は店へ入って来た。

 

「いらっしゃいませ」

ボーイのサトシが迎え入れる。