今夜の予約は馴染み客である。

 

会うのは久しぶりで、リリーは少し浮かれていた。

というのも、リリーは ...

香水の匂いを振り撒く様に、その女は店へ入って来た。

 

「いらっしゃいませ」

ボーイのサトシが迎え入れる。