「いらっしゃいませ〜」

ボーイのサトシが反射的にだが、爽やかに言った。

 

【Bar Siva】は予約制が主 ...

香水の匂いを振り撒く様に、その女は店へ入って来た。

 

「いらっしゃいませ」

ボーイのサトシが迎え入れる。